医療脱毛で可能な永久脱毛の定義を理解する

医療脱毛で可能な永久脱毛の定義を理解する

医療脱毛は完了後に生えてこない脱毛という意味ではなく、永久脱毛には定められた定義があります。クリニックで脱毛を終わることができたら、そのあとは永遠に生えないイメージがありますが、一生生えないとは言えいない方法です。

アメリカの脱毛協会で定められた定義

クリニックでの医療レーザー脱毛は永久脱毛と言われていますが、アメリカの脱毛協会で定められた定義があります。 最後に医療機関でレーザー処理を行ってから、ひと月したあとの体毛の再生率にポイントがあり、毛が生えるのが20パーセント以下の脱毛方法です。減毛率の高い方法が医療レーザー脱毛であり、ムダ毛のない期間をできるだけ長くキープすること、これが医療レーザー脱毛に課せられた使命とも言えます。永久的に体毛が1本も生えてこないわけではないですが、医療脱毛は毛のない期間が長いです。短期間だけの結果ではなく、長期的に高い減毛率にできること、これが医療レーザー脱毛の強みでもあります。

永久脱毛は毛の生え変わりに合わせて施術を

医療脱毛を受けるにあたり効果を高める秘訣は、毛の生え変わりに合わせるのがマストです。クリニックでの医療用脱毛機器ならば、いつ脱毛をしても効果が同じだと考えることもありますが、施術のタイミングこそが結果を左右します。病院での脱毛は効果が高いものの、毛のサイクルを考えない施術は、効果を高いものとはできません。医療機器は最新の医療脱毛器が登場をしていますし、肌への負担を少なくしたり、照射時間を短くできるなど、最新のシステムが搭載された機器が増えています。それでも医療レーザー脱毛は、人間の毛の生え変わりに合わせることで、最も良い脱毛効果が出せる方法です。クリニックに脱毛の予約を入れるのは、体毛の成長期の時期だけのことになります。

体毛再生率はゼロではない医療脱毛

一定の定義があることからもわかるように、永久脱毛は毛の再生率はゼロではないです。脱毛処理をクリニックで終わったとしても、年数が経過したり、体質が変わったりして、弱い毛が再生をすることは考えられます。それでも永久性がある脱毛はエステではなく、医療機関ではないとできない方法です。脱毛サロンの件数は大変多くありますが、使うマシンがエステ機器であり、照射はとても弱い力なので、永久性がある脱毛には程遠い方法になります。肌のことは直接人目に付くことですし、エステ機器はパワーが弱くても、肌の問題を生じないとは限らないです。医療機関の脱毛を選ぶことは、施術時の肌トラブル対処への安心も、一緒に選ぶことにもなります。

まとめ

永久脱毛には定義があることから、エンドレスで毛が生えないわけではないもの、医療という安心がセットの脱毛方法です。エステ脱毛器よりも力がありますので、施術を受けると体毛の減っていく変化もわかりやすいですし、結果が早いのはやはり医療レーザーの方になります。

比較ページへのリンク画像