医療機関でのみ永久脱毛ができるという事実とトラブルの種類及び対策方法

医療機関でのみ永久脱毛ができるという事実とトラブルの種類及び対策方法

実を言うと永久脱毛は永久に毛が生えてこないようにする施術ではないと言われています。施術から一定期間経過した後にある程度の量の毛が減っていることを指す場合があります。とはいえ、毛を減らすというのは有益だと言えますが、トラブルもない訳ではないので巻き込まれないようにすることが重要です。

サロンは実を言うと永久脱毛をすることができない

記事のイメージ画像

脱毛サロンで永久脱毛をしてもらえることができると考えている人もいるのではないかと思われます。中にはそれを宣伝文句にしているところも存在するので、そう考えるのも無理もないと言えます。しかし、厳密に言うと永久脱毛は医療機関でしか行うことができないとされています。なぜなら、この行為は医療行為に当てはまり、それを行う人間は医者である必要があるからです。つまり、サロンで行われている脱毛の施術は毛を減らすといったものにとどまり、また毛根を壊すという行為をしないことになっています。永久脱毛の施術を受けたいと考えているのであれば、医療機関で受ける必要があります。

ニキビとシミのトラブルとそれらの対策

施術の際に使用される機器は性能が高いので、トラブルが起こるというケースは少ないとされています。しかし、絶対に起こらないという訳ではないので、施術を受ける前に起こり得るトラブルについて理解した方が賢明です。まずニキビが挙げられていて、体質などによりますがこれは肌が有している機能が低下するために発生します。症状の程度が甚だしいというのであれば、炎症に効く薬の処方を頼むという方法が有効です。またシミが出るというケースもあり、施術後間もない時は刺激に弱いなどの状況にあるというのが理由として挙がっています。シミを予防するためには保湿や冷却するのが勧められます。

赤みが出るというケースも存在する

永久脱毛をしてもらった場合に、肌に赤みが出るというケースが発生することがあります。このケースは、効き目の強いレーザーを使用した場合に起こりやすいと言われています。また毛が多く集まっているところなどに照射した場合も生じるとされています。数日経っても消えなかったり、内出血があったりするケースも存在しますが、多くの場合は数時間経過すれば治ります。生じた場合は冷やすことが対策として挙げられていますが、炎症を抑える薬を処方してくれるのでそれを使用することも得策です。日焼けや飲酒などをすることは避けて、また痒いからといって掻かないよう心掛けます。

まとめ

永久脱毛は医療行為なので医療機関でしか行うことができないことになっていますが、安心感はあると言えます。またトラブルが起こったとしても対応できるように、あらかじめある程度の知識を身に付けることが重要です。

比較ページへのリンク画像