永久脱毛の施術前後は日焼けをしないこと

永久脱毛の施術前後は日焼けをしないこと

医療クリニックでの脱毛は、医療レーザーだけに効果も高く信頼がありますが、最も気をつけるべきことは、永久脱毛前後の日焼けです。医療機関での脱毛ですからクリニック内での肌の問題はその場で対処はできるものの、肌を黒く焼くと順調な脱毛にならないので、肌は白いままで維持をします。

黒い色素のみに反応をする特徴があるレーザー

永久脱毛での日焼けは気をつけるように言われるのは、医療レーザーが黒色のみに反応するからです。初めてのカウンセリングの時にも、毎回のお手入れでも、やはりお医者さんや看護師からは、紫外線には気をつけるように言われます。医療レーザー脱毛の仕組みから知ることは必要であり、特定の物質や色に反応できるのは、レーザーの持つ波長に特異な性質があるためです。医療レーザー脱毛で採用しているレーザーは、脱毛のために体毛のみに反応させるようになっていますが、皮膚が黒い場合は、肌の黒色にも反応します。レーザーを照射すると一周ですが高熱が加わり、熱変換でメラニン色素への反応が起こりますが、肌の黒色にも反応をするので、日焼けした肌は火傷をする可能性が高いです。

クリニックに脱毛の予約を入れたらUVカット対策を

永久脱毛のためにクリニックに行く前には、肌を黒く焼かないように、予約日までUVカットクリームを愛用します。医療レーザー脱毛を受けるときに黒い肌になっていると、本来の照射できるパワーの設定はできません。肌の色がかなり黒い状態になると、その日は医療レーザーの治療を見送ることになりますので、改めての予約が必要になります。黒く焼けた肌状態を元に戻すには時間がかかるので、次回予約は1ヶ月以上先です。場合によっては肌の色がなかなか戻らない対応であれば、もっと長く脱毛をできない状態になるので、日頃からUVカットクリームで肌を守るようにします。日焼け止めクリームは種類があるので、自分が肌に塗布して使いやすいアイテムで、肌を日差しから守ることです。

医療レーザー脱毛を受けたあともUVケアは必要

記事のイメージ画像

クリニックでの医療レーザー脱毛を受けた直後は、完璧に日差しから肌を守ることです。施術前も肌を黒く焼くのは厳禁ですが、クリニックで医療レーザー脱毛を受けた直後は、いつも以上に皮膚が弱くなっています。無防備に太陽の日差しの下へ出て行くと、いつもよりも紫外線吸収率が高く、皮膚は黒くなりますし、シミも出来やすいです。クリニック予約を入れたらその日は、UVカットクリームを持参して、施術後にはメイクルームでUVタイアクをしてからの帰宅が安心できます。当日だけのことではなくクリニック脱毛へ通うと決めたら、徹底して日焼け止め対策を実行することです。医療受けたあと日焼けをすると、皮膚も黒くなりますが、肌トラブルを起こしやすいので、サンスクリーンなどは愛用をします。

まとめ

永久脱毛は日焼けをしないことが鉄則であり、UVカットアイテムは使いこなすことです。サンスクリーンのクリームは必須アイテムとして、帽子や日傘に手袋、サングラスなども日差しから肌を守る素敵なアイテムとしてフル活用します。

比較ページへのリンク画像