永久脱毛完了後の毛は生えないという意味

永久脱毛完了後の毛は生えないという意味

脱毛をしたらもう毛は生えない方法が良いとしたら、迷わずに永久脱毛を選ぶ人が大半です。エステサロンでの脱毛はフラッシュを使うので、毛を減らす効果のみですから、永久性とは言えない方法であり、クリニック脱毛は永久性という言葉が使われています。

医療レーザー脱毛の結果に対しての意味

永久脱毛は永久的に体毛の生えない脱毛ではなく、一定の期間後に一定の毛量が減っている事です。クリニック脱毛さえすれば、永久的に毛は生えないと信じて疑わない人があるとしても、一定の定義があるのでそれが正解になります。医療レーザーは出力も高くて効果もパワフルなので、毛を生えさせないように働きかけますが、一生1本の毛も生えないわけではないです。最後に医療脱毛を行ってから1ヶ月したあと、体毛再生率が20パーセント以下の脱毛、これが永久脱毛と呼ばれる脱毛になります。エステでは体感できない高い減毛を、エステよりももっと長く維持できるのが、医療レーザー脱毛での、スペシャルな脱毛方法です。

永久脱毛はエステではなく医療機関だけでできる脱毛

国内には脱毛をしようとすれば、数多くの脱毛サロンを探すことができますが、永久脱毛が可能なのは医療機関のレーザーだけです。十数年ほど昔の話で言えば、まだエステ業界への法律も緩く、美容業界への決まりごともあまりなかった時代、エステではニードル脱毛を採用していました。ニードルは処理をすると毛は生えてこない脱毛法として、高い効果を上げていた反面で、強い刺激や痛みに肌の赤みなど、トラブルは少なくはない方法です。時代は流れてエステの主流は光脱毛でのエステ機器となり、現代のエステではニードルは行いません。生えてこないニードル脱毛をエステで行うことは、現代の日本ではできないことであり、永久性がある方法は医療機関だけです。

エステ脱毛よりもクリニック脱毛の方が効率的

永久性ということには定義がありますが、いずれにしても脱毛は、エステよりも医療脱毛が効率的です。エステサロンでの光脱毛は最初から、毛を減らす効果を提供することをアナウンスしています。費用面もお手頃なエステ脱毛は、時間はかかっても毛を減らしたい人には、優しい脱毛方法です。光脱毛は永久性を出すことはできないですが、安いことと痛みが少ないのはメリットなので、何を優先するかを決めることができます。時間をあまりかけないで脱毛の結果を求めるならば、医療脱毛の短期間のお手入れは満足の結果です。脱毛サロンには3年くらい通いますが、人によってはもっとかかることもあるので、比較をしてもクリニック脱毛は仕上がりまでが早くなります。

まとめ

永久脱毛は永遠に生えない脱毛ではないものの、誰もが満足がいく脱毛結果を出します。医療レーザーは毎回のお手入れで毛の減りを実感ができますし、多くの人はクリニックに1年弱ほど通うことで、ムダ毛のないツルツル肌を手にすることが可能です。

比較ページへのリンク画像