ほくろがある部位の安全な永久脱毛

ほくろがある部位の安全な永久脱毛

永久脱毛を行えばかなり長期にムダ毛の目立たない美しい肌を維持できるようになります。最近はレーザー脱毛が主流となっていますが、レーザーは黒い部分に反応しますので、ほくろなどがある場合は慎重に施術を進めていく必要があります。

医療脱毛を選ぶことがおすすめです

脱毛にも様々な方法があり、自己処理で対応している人もあれば、エステサロンの施術を選び人も多くなっています。エステサロンでは光脱毛が主流となっており、痛みが少ない、費用が安く抑えられるなどで人気となっています。とはいえ、エステサロンの脱毛は出力も弱く、永久脱毛の効果を得るのは難しいとされています。よりしっかりと結果を出したい、長期にムダ毛に悩みたくないのであれば医療機関のレーザー脱毛を選ぶことがおすすめです。エステサロンと施術内容はよく似ていますが、より高出力での照射が可能で、永久脱毛の効果も高く、少ない施術回数でしっかり結果を出していくことができます。

レーザーは黒い部分に反応します

医療機関の脱毛では、現在はレーザーが主流となっています。レーザーは黒い部分に反応しますので、肌の表面に出ている毛はあらかじめシェービングで処理しておき、毛根の黒い部分に照射し、毛根を破壊していきます。レーザーは黒い部分に反応しますので、日焼けした肌やタトゥーがある部分、ほくろがある部分などには照射しないことが一般的です。特にほくろは照射を行うことで取れてしまったり、火傷を起こしてしまう可能性もありますので、慎重な照射が必要です。ほくろがある部位はその部分を避けて照射するということもできますが、あらかじめテーピングなどで保護しておけば安全な施術を行うこともできます。

照射が難しい部位はニードル脱毛も活用しよう

現在は永久脱毛はレーザー脱毛の時代ですが、かつては永久脱毛というとニードル脱毛のことを指していました。ニードル脱毛は一本ずつ確実に処理できるのが魅力ですが、時間がかかる、痛みが強いということもあり、広範囲の施術にはあまり利用されなくなっています。とはいえ、今もこうした施術は行われており、眉回りなどの細かな部位やレーザー照射が難しい部位に役立てられています。ニードル脱毛は色に関係なく行えるので、色が落ちたり、火傷の心配もなくほくろのある部位やタトゥーのある部位も安心して施術を行うことができます。ほくろが密集している部位などはこうした方法で対応してもらうことも考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

現在では永久脱毛というとレーザー脱毛永久脱毛というとレーザー脱毛のことを指すことが増えています。黒い部分に反応する特徴がありますので、ほくろのある部位などはその部分を保護して照射を行う、ニードル脱毛で対応するなどの工夫も必要です。

比較ページへのリンク画像