医療機関で受けられる永久脱毛の種類とは

医療機関で受けられる永久脱毛の種類とは

美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックでは脱毛も行われています。脱毛法には大きく分けて2つの種類があり、それぞれ施術法に違いがあります。施術を受ける場合は施術法の違いを、事前にチェックしておく事が必要です。

現在医療脱毛の主流のレーザー脱毛

医療機関で受けられる脱毛法の中でも、現在主流となっているのは「レーザー脱毛」です。レーザー脱毛は文字通り、レーザーを用いて無駄毛を処理する脱毛法となっています。レーザーを肌に照射するとレーザーが毛根に吸収され、そこで高温になります。このレーザーの熱によって、毛根組織を破壊して無駄毛を脱毛するのがレーザー脱毛の仕組みです。毛根は1度破壊されると、2度と再生する事はありません。ですので、レーザー脱毛は半永久的に無駄毛が生えなくなる、永久脱毛の効果を発揮します。また、医療機関で採用されている脱毛法の種類の中でも、施術時間が短い事もありレーザー脱毛は全身脱毛に向いている点も特徴です。

肌質や毛質に左右されない医療針脱毛

レーザー脱毛と並び医療機関で受けられる脱毛法には、医療針脱毛も挙げられます。レーザー脱毛が開発される前は、医療脱毛と言えば医療針脱毛が主流でした。この医療針脱毛も永久脱毛効果を持つ脱毛法です。特殊な加工を施した医療用の針を毛穴に刺し込み、そこに電流を流して毛根に熱を加えます。レーザー脱毛同様、熱で毛根組織を破壊して無駄毛を脱毛するのが、医療針脱毛の特徴です。医療針脱毛は日焼けしている肌や、産毛など肌質や毛質に左右されず施術が受けられます。この点は日焼けしている肌だと、施術が受けられないレーザー脱毛との差です。

施術範囲で脱毛法を選ぶ事も可能

このように永久脱毛といっても、施術法の違う2つの種類があります。どちらの脱毛法を選ぶかを決める際、施術範囲で決めるという方法もおすすめです。例えば、背中など広い範囲の無駄毛を処理したい場合は、施術時間が短いレーザー脱毛の方が向いています。脇など無駄毛を1本も残したくない部位は、1本ずつ無駄毛を脱毛できる医療針脱毛の方が、よりキレイに仕上がるでしょう。クリニックの中にはレーザー脱毛・医療針脱毛、両方の施術を行っている所もあります。施術する箇所でレーザーと医療針脱毛を、使い分けるという事も可能です。

まとめ

半永久的に無駄毛が生えなくなる永久脱毛、レーザー脱毛と医療針脱毛ですが施術の方法に大きな違いがあります。両方の施術内容や効果などを見極めて、自分に合った脱毛法を選ぶ事がキレイになる近道と言えるでしょう。

比較ページへのリンク画像