永久脱毛を受けることでの副作用

永久脱毛を受けることでの副作用

永久脱毛は医療用の強いレーザーでの施術ですので、少なからずささやかな副作用があります。レーザー照射後にはほのかに肌が赤くなるとか、照射によっていつもよりも肌が乾燥するなど、対処しだいで問題のないことがほとんどです。

健康上の問題を引き起こすような副作用はなし

記事のイメージ画像

永久脱毛は医療レーザー脱毛ですので、レーザーが肌の奥まで届いて、健康的な副作用がないか初心者ほど気になることです。結論から言うと医療レーザー脱毛は、健康を損ねるような副作用はありません。医療用の強力なレーザーが気になることもありでしょうが、皮膚の表面から3ミリ程度の毛包に対してレーザーは到着するレベルなので、内臓器官や血管へのマイナスの影響はないです。皮膚がんなどの心配をする人もあるでしょうが、赤外線に近いため問題はありません。皮膚がんの引き金は紫外線の方ですので、日常的な紫外線対策は、日焼け止めクリームなどで行うことです。肌への問題を生じることのない医療レーザーですので、適切なレベル設定で施術をして、永久脱毛の効果を得ることができます。

女性は生理期間中は医療レーザー脱毛もお休みを

永久脱毛の副作用として、女性の整理などホルモン関係を心配する人もいるでしょうが、ホルモンを乱すこともないです。女性は毎月の生理がありますが、ほとんどのクリニックでは、生理中のVIO脱毛はお休みなります。妊娠中なども医療レーザーはお休みになりますが、赤ちゃんや生理のホルモンへの悪影響という意味ではありません。まず生理のときには、皮膚がいつも以上に敏感になっていること、VIOパーツは経血もあるので、衛生上のことも配慮してのことです。妊娠中や授乳期間の脱毛のお休みに関しては、ホルモンがアンバランスなのが理由になります。女性は体内ホルモンに何かと左右されていて、ホルモンが安定しないと医療脱毛の効果もイマイチになるためです。

医療レーザー脱毛で起こるのは一時的なもの

医療レーザー脱毛で生じる肌の変化は副作用というよりも、レーザーでの一時的な反応です。クリニックでの医療レーザー脱毛の照射をすることで、黒い色に反応をしたら、毛の周りにある皮膚も軽く熱の影響を受けます。高い熱は皮膚を多少なりとも赤くするので、レーザー照射後には肌は赤みを生じますが、これは誰にでも起こることです。数時間から数jつのうちには赤みは収まりますし、自宅でも肌を冷やすことで問題はありません。希に肌に白くプツプツしたニキビのようなものができますが、これは毛膿炎の症状であり、こちらは医薬品の対処で問題はないです。医療レーザー脱毛を契約したクリニックに相談をして、塗り薬と炎症止めの内服薬で治療ができます。

まとめ

永久脱毛には軽い副作用的な症状はあるとしても、健康には問題ないレベルのことです。医療レーザー脱毛を安心して受けうことができるように、肌は日焼けしないように対策をして、乾燥予防の保湿もすることで、快適な医療脱毛になります。

比較ページへのリンク画像